トランジションタウン

トランジションタウン

日々の暮らしに欠かせないエネルギーや資源と、今よりもう少し仲良くなりませんか? 比べたり、考えたり、試したり、「私にとって豊かさとは?」そんなことを考える企画がいっぱいです。

トランジション・タウンとは

トランジション・タウンとは、地球資源は無尽蔵にあるのではなく、有限であるという現実や、 気候変動という地球規模の危機に対して、市民 の知恵と工夫で、まちの資源を最大限に活かし ながら、自分や家族のこと・地域のこと・地球 のことを大切に尊重しながら 日々を楽しく 生きる暮らしを目指して行こうとする草の根 運動です。 パーマカルチャーや自然建築の講師をしていたイギリス人のロブ・ホプキンスが、2005年秋 イギリス南部のトットネスという街で立ち上げたのを皮切りに、欧州各国、北南米、オセアニア、そして日本へと広がり、現在では世界50ヶ国 約3000ヶ所、日本でも約50の地域がつながるネットワークです。

◆ソーラーフードドライヤー・ロケットストーブ等の展示
無駄にエネルギーを使わず、愉しんで使える道具

◆持続可能な暮らし方の情報提供  
トランジションタウンの活動紹介

◆その他、ステージのトーク、ワークショップテントでのソーラーフードドライヤー組み立てワークショップ開催

主催:アースデイ神戸2018実行委員会
後援:兵庫県、神戸市、近畿地方環境事務所
協力:みなとのもり公園運営会議、
しみん基金・KOBE、ixsus
関西よつ葉連絡会 兵庫いきいきコープ、
生活協同組合コープ自然派兵庫、
生活クラブ生活協同組合都市生活

アースデイ神戸のSNS

Back to Top